redbox

リリース詳細

TOP > リリース一覧 > HTTP/2 対応CDN 提供開始のお知らせ

2015/10/22リリース

HTTP/2 対応CDN 提供開始のお知らせ

http/2 CDN

この度、エッジキャッシュCDNにおいてHTTP/2の対応を2015年11月02日から開始致します。

近年、セキュリティ強化の一環から常時SSL化が進み、WEBサイト全体をHTTPSで通信を行うケースも多くなりました。HTTPS通信の高速化を行うためには一般的にSSLアクセラレーター等の導入が必要となりますが、エッジキャッシュでは通常のHTTP配信以外にHTTPS配信もお客様オリジンサーバーにかわって高速に処理することが出来るCDNサービスです。
今回のHTTP/2対応によって、よりプロトコルレベルで最適化されたHTTPS通信が行えるようになり、同時アクセス数が多い広告配信やECサイト、モバイル環境からアクセスが多いソーシャルゲームにおいてさらなる高速化が期待出来ます。

HTTP/2とは

http/2対応CDNサービス
HTTP/2は従来のHTTP/1.1と比べ様々な最適化が行われており、既存のHTTPセマンティクスに対してより最適化されたマッピングを定義し、パフォーマンスを向上させます。

キャッシュサーバー側とクライアント間で最適化されたHTTP/2通信を行い、キャッシュサーバーとオリジンサーバー間は従来通りのHTTP/1.1通信を行うため、オリジンサーバー側での特別な設定が不要なことが大きな特徴のひとつです。

■主な特徴

【ストリームによる多重化】

HTTP/1.1ではリクエストとレスポンスごとに1つのTCPコネクションを使うのに対し、HTTP/2では1つの接続上にストリーム(仮想的な双方向シーケンス)を作り通信の多重化を行います。
1つの接続上に作られた複数のストリーム上では、複数のフレームを同時並行で転送できるためレスポンス待ちが発生しずらく、同時アクセス時の全体的なパフォーマンスが向上します。

【ヘッダーの圧縮】

HTTP/1.1ではBody部のGzip圧縮が可能でしたが、HTTP/2ではさらにヘッダー部分を圧縮します。
初回以降必要な差分ヘッダーのみ送信する新たな圧縮方式(HPACK)が採用され、全体的に転送量を削減しレスポンスを向上させます。

【独自ドメイン対応】

独自ドメイン(持ち込みの証明書)でHTTP/2を利用することが出来ます。

■対応サービスプラン

エッジキャッシュ全プラン
レッドボックスは低価格CDNのリーディングカンパニーとして、今後も負荷分散をより簡単にできるサービスをリリースしていきます。

HTTP/2の詳細情報

HTTP/2のより詳しい内容は弊社技術ブログにて公開中。

Category