サービス品質保証(SLA)

> サービス品質保証(SLA)
サービス品質保証(SLA) 2016-10-24T01:59:30+00:00

サービス品質保証(SLA)について

1:サービス品質保証(SLA)について
サービス品質水準を以下のとおり定め、利用者が利用するサービス(以下、「SLA適用サービス」といいます)の月間稼働率がサービス品質の水準に満たなかった場合、当該サービス提供を満たさなかった部分に相当する当該利用サービスの利用料金(「基本月額料金」のみを対象とします。)について次月ご利用料金から減額するものとします。
2:サービス品質の水準
月間のサービス稼働率が、99.95%以上であること
3:稼働率の算出
SLA適用サービスの月間稼働率算出方法は、以下の通りです。月間稼働率=(月間総稼動時間−累計障害時間)÷月間総稼動時間×100

※1サブドメイン毎の算出になります。

※累計障害時間が3分未満は切り捨てとする。

4:累計障害時間について
以下の状態が発生した時に「障害」が発生したとします。
・利用者のSLA適用サービスにおいて、当社指定のサブドメインへアクセスが出来ない。
5:稼働率に伴う減額
SLA適用サービスの基本月額料金から10%
6:SLA適用除外条件
第2項に定める要件を満たす場合であっても、障害が以下のいずれかに定める事由により生じたとき、当社は減額を行わないものとします。

  • お客様ドメイン名による問題の場合
  • お客様のカスタムオリジンサーバーによる問題の場合
  • 合理的な支配の及ばない要因により生じたものである場合
  • 当社からのご利用方法に記載されている限度を超えたご利用方法である場合
  • 減額の対象となるサービス利用契約が無償利用期間またはトライアルサービス利用時の場合
  • ご契約以上のトラフィックが発生した場合もしくは同等の状態の場合
  • メンテナンスに伴うサービス停止の場合
  • SLA適用サービスに付随するコントロールパネル及びオプションサービス
  • サービスの機能としての中断(フェイルオーバー等)
  • 第三者からの攻撃、妨害による場合
  • 原因の如何を問わず、障害が継続した時間を利用者が測定できない場合
  • 火災、停電等によりサービスの提供ができなくなった場合
  • 地震、噴火、洪水、津波等の天災によりサービスの提供ができなくなった場合
  • 戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等によりサービスの提供ができなくなった場合
  • その他運用上あるいは技術上の理由により、当社がサービスの一時的な中断が必要と判断した場合
7:申請
利用者は自己が利用するサービスに障害が発生したと考える場合、当社所定の申請書により、当該障害が発生した月の翌月15日までにその事実を当社に申告するものとします。 当社は、その申告に基づき調査した結果、月間稼働率が99.95%未満であり、且つ、その状態が当社の責に帰すべき事由に起因すると判断した場合のみ、減額を行うものとします。

こちらから所定の用紙を申請して下さい。

SLA申請用紙依頼
SLA申請用紙依頼