この度、月額定額制CDNサービス「エッジキャッシュ」の基本機能を拡張できるQUICK CONFIG(クイック コンフィグ)を2020年06月10日(水)より提供開始致します。管理画面からCDNサービスのキャッシュ設定・特定諸国からのアクセスブロック、WAF(Web Application Firewall)ルールのON/OFFなどの操作が可能となります。

▼ エッジキャッシュCDN紹介ページ:エッジキャッシュ

レッドボックスが提供するエッジキャッシュCDNサービスは、無料セルフマネージメントが付属する国内初の定額CDNサービスです。リバースプロキシという手法を使い、Webサーバーとユーザー間で様々な処理を肩代わりし、コンテンツの圧縮やセキュリティを高めます。近年テレワークや外出自粛などの影響もあり、オンラインコンテンツやECサイトへのアクセスが増加傾向にあることから、Webサイトのセキュリティやパフォーマンスが強く求められています。

クイックコンフィグを利用する事により、迅速な判断が求められる場面において、よりスムーズにキャッシュ・セキュリティ設定を管理画面から即時反映させることが可能です。さらに、国ベースでアクセス制限を行うGEOIPブロックや、無料WAF(Web Application Firewall)のセキュリティ機能の拡充をはかり、より一層迅速にセキュアなコンテンツ配信が可能となりました。

クイックコンフィグの特徴

■キャッシュ設定変更をワンクリックで実施

全コンテンツPASSまたは強制キャッシュを行う設定や、Cookie、クエリストリングの削除処理、各CDNオプションの一時的なON/OFFなど様々な設定を変更することができるようになりました。エンジニアがお客様向けにカスタム設定をご用意し適用する従来のサービスも併用することができます。

■主要CMSキャッシュプリセットをご用意!面倒なキャッシュ設定不要

エッジキャッシュ及びBoostサービスでご利用頂けるCMSキャッシュプリセットをご用意致しました。

WordPress、Drupal、a-blog cmsに対応し、管理画面からCMSに最適化された設定がワンクリックで適用することができます。

■2つのセキュリティ機能を大幅強化!

【GeoIPブロック】

従来からご提供しておりました特定国からのアクセスブロック機能(GeoIPブロック)について、リージョンの他にも国別指定ができるようになりました。国内向けコンテンツの場合、日本以外からのアクセスをCDN側で全てブロックすることも可能。

【WAF(Web Application Firewall)】

ルールの定義更新間隔を従来の更新頻度から最短50%短縮させることに成功致し、マッチングエンジンの高速化を図りました。

CDNとWAFでDDos対策

レッドボックスはコンテンツ配信に特化したプロフェッショナルチームとして、Webサイトを構築・運用する事業者・企業を対象に多彩な機能を実装したコスト削減効果の高いCDNサービスを提供しています。今回リリース致しましたクイック コンフィグをベースに順次機能拡張を進め、難しいCDNのキャッシュ設定をボタン一つで簡単に実装できるよう目指します。