redbox

リリース詳細

TOP > リリース一覧 > 2ステップ低コストでWeb負荷分散を始められる新しいCDNサービス「クイックキャッシュ」提供開始のおしらせ

2022/4/19リリース

2ステップ低コストでWeb負荷分散を始められる新しいCDNサービス「クイックキャッシュ」提供開始のおしらせ

クイックキャッシュCDN

低コスト・2ステップで簡単に負荷分散をおこなえる新しいサービス「クイック・キャッシュ」を2022年4月19日(火)より提供開始致します。クイックキャッシュは従来のCDNサービスと比べ転送量ベースで国内最安、ユーザーに最も近い場所から安定配信を実現するCDNサービスを自動判断し、「見られない」「アクセスできない」といったトラブルを強力にサポートします。動画配信や大容量コンテンツ・画像を多く利用するECサイトなどに最適です。

▼クイックキャッシュサービスの紹介サイト:
https://www.redbox.ne.jp/products/quick-cache

導入までわずか2ステップという手軽さ

CDNサービスを活用して負荷分散する場合、DNSレコード変更やSSL証明書のご用意は避けて通れない導入障壁でした。クイックキャッシュではDNSやSSL証明書の用意が不要となり、以下の2ステップで簡単に始められます。

CDN導入まで2ステップ

導入までのステップ

サーバーやWebサイト構成が不明な場合や変更することが難しい場合でも簡単に導入することができます。

コストメリットが高い定額配信と段階制従量課金

レッドボックスらしい大容量配信を低コストでおこなう定額配信から、ミニマム構成で始めたいという場合に最適な段階制従量課金(※1) の2種類からプランを選択することができます。

クイックキャッシュCDN料金

月額定額プラン
毎月定額料金で配信可能なサービスです。予め大容量配信が見込まれるケースでは、転送量ベースでのコストメリットが一番高いサービスとなっております。

段階制従量課金プラン
初期費用無料でよりライトに開始できるサービスです。一定の転送量までは一律料金。超過した場合のみ従量課金となります。まずはミニマム、低コストで配信を開始したい場合や利用量の変動が激しいサービスに最適。サービスのスケールに応じてコストを調整することが可能です。

高度負荷分散技術を採用

一般的なCDNはCDNサービス側でDNSによる障害回避を実施します。しかし、DNSでの障害回避はアクセスするクライアントの状況を判別することができず課題が存在しました。
クイックキャッシュCDNでは、CDNサービス側の他にユーザーに最も近いブラウザで最適なCDNを判定し高度負荷分散を行います。

通信トラブル・経路障害・アクセス元に起因した遅延時も自動的に別のロケーションCDNを選択するため、単一事業者で障害が発生または遅延していたとしても、アクセス出来ない・表示されないといったことを強力にサポートします。

CDNクイックキャッシュの仕組み

Category